初期対応のポイント

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故の被害による適切な損害賠償を受け取るため、納得のいく解決をするために、まずは初期対応が重要です。最も忘れてはならないのは警察への連絡です。処理や対応・救急処置などで忘れたり、 加害者の方から、「警察は呼ばずこちらで解決させましょう」と提案されることもありますが、決して応じず必ず警察を呼びましょう。

警察が到着するまでの間、現場の状況を記録することがポイントです。警察が来て現場検証を行いますが、自分で持っていることで後の損害賠償請求の有効な材料になります。具体的には、事故車の損害箇所や天候、路面の状況、当時の交通量、目撃談など、残せるものをすべて写真やメモに記録しておきます。

警察が到着したら、可能な限り捜査へ協力します。加害者の一方的な証言のみで捜査が進められてしまうと、後の損害賠償請求にも影響が出てくるため、上記で集めた事故の記録を提示し、真実を堂々と話しましょう。

そして、必ず病院の診察を受けることも大切です。外傷がなくても、脳内出血や骨折など、目には見えない怪我をしていて、後から痛みや痺れが出てくることもあります。病院からの診断書があれば、請求できる損害賠償の金額も大きく変わってきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket