納得のいくまで行う

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

交通事故の被害者が自身で示談交渉をしたものの、納得いく対応をしてもらえなかった場合は弁護士へ対応を依頼するべきです。

被害者自身が治療中に損害賠償金額の相場をきちんと把握し、提示された金額が納得のいくものであり、加害者本人からも誠意ある謝罪や反省があると思えれば、そのまま示談書にサインをして示談は成立です。

しかし、損害賠償金額が少なかったり、加害者の態度が不誠実で、事故によって負わされた苦しみが払拭できない内容であれば、示談に応じる必要はありません。

また、示談交渉における慰謝料においてもあくまでも精神的な苦痛を負ったことに対する賠償金となるので、金額の水準はどうであれ、納得がいくまで交渉を続けることが重要です。

この場合は、被害者自身で交渉を続けるよりも、納得のいかなかった時点で、弁護士へ交渉を依頼しましょう。一連の流れの中では中途の段階ですが、交通事故の被害にあった場合は早急に弁護士に相談した方が良いでしょう。それは、交渉が暗礁に乗り上げてからでは、事故直後の状況を把握することから始めなければならず、状況を好転させることが難しい可能性があるためです。

示談交渉は長引けば精神的にも疲れますし、時間的な余裕が減り仕事や生活に影響が出る場合もあります。自身で抱え込むのではなく、弁護士に相談することをお薦めします。

 

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket